ブログ~うちの母親は。~

母親のことを書きます。

タイトル「こころの匙加減」著・髙橋幸枝/「ブックレビューブログ2日目。 ~1日1冊本を読む~」

100歳の精神科医。髙橋幸枝さんの本を紹介。

 

自分は、新潟県出身在住なのですが、

 

この髙橋幸枝さんは、高田の高校に通われたとのこと。

 

 

 

27歳から医師を目指すという、「始めることに、無理なことは何もない」

 

 

「悩む」というのは、「悩む時間がある贅沢なこと」。

料理を1日3食作って、暇な時間を潰すこと。

 

人生なんでも匙加減。

塩を入れすぎたら、しょっぱすぎる料理も、

匙加減を考えれば、相手を慮ることもできる。

 

 

 

中でも、一番ジーンと来たのは、「聞き上手の匙加減」

自分は、喋りすぎてしまって、相手のことを思いやる精神が欠けている。

そして、「アレ」な人をシャットダウンする節がある。

 

これは、入院患者に対してワーーってなったときに、

「あれぐらいアレな人は、めったに居ませんから、嫌いなままでいいですよ」

と、看護師さんに言ってもらった。

 

 

この本は、自分の伯父さんから頂きました。

 

ありがとうございます。

 

P.S.

伯父さんが、唯一、この本にアンダーラインを付けていたのは、

「わたしは新潟県高田に過ごしていた」と書いてある部分でした。